topへ戻る

見た目も肌もキレイに保つ肌ストレスフリーのメイク法

メイク

 

女性であればどうしてもメイクをしないわけにはいかないですよね。
忙しい中でも毎日ルーティンのメイクを行い、毎日何時間もそのメイクを顔に乗せ続けています。
夜になって、どんよりと疲れが見え、崩れかけたメイクを見るたびに、なんとなく「お肌に負担がかかっているんだろうな」と感じますよね。

 

女性であればやはり美しい肌にあこがれるし、化粧品の力を借りて「少しでも肌をキレイに見せられたらな」と思うものです。
とはいえ、気になるのはお肌へのダメージですよね。
そこで、こちらのページでは、お肌に負担をかけずにキレイになれるメイク法をご紹介していきます!

 

メイクが与えるお肌への負担と誤解

近頃、メイクがお肌にダメージを与えると言われていますが、そこには少し誤解があるのはお気づきでしょうか?
化粧品がお肌に直接ダメージを与えているというのは、少し間違いなのです。

 

逆に、ファンデーションなどのコスメに美容成分が入っているからといって、特別肌に良いというわけでもありません。

 

ファンデーション自体は、お肌そのものに良い影響も悪い影響も大して与えていないのです(成分によってアレルギー反応が出る人はいます)。
実際メイクをして、お肌の状態をよく見せることができたとしても、お肌自体が良くなっていると実感したことがある人はほとんどいないと思います。

 

でも、メイクをくり返しているうちに、お肌の状態が悪くなっているように感じたことがある人は・・・結構いるのではないでしょうか?

 

なぜでしょう?

 

ファンデーションなどを使ってメイクをすると、必ずクレンジングが必要ですよね。

 

クレンジング

 

夜のクレンジングを怠ってしまうと、朝から晩までだけでなく、夜通しお肌にメイクが乗っている状態になります。

 

ファンデーションを塗っているとお肌が呼吸できない!なんて言われることがありますが、それは関係ありません。
問題なのは、1日の間に付着してしまったほこりなどの汚れや、時間とともに酸化した皮脂などの油分がずっとお肌の上に乗り続けていることです。

 

それこそがお肌に負担をかけ、その結果お肌の老化につながっていきます。

 

また一方で、しっかりメイクを落とさなくてはと、ゴシゴシ時間をかけてクレンジングし過ぎてしまうと、今度はお肌のうるおいを奪ってしまい、肌本来の力を失ってしまうこともあります。

 

メイク自体は肌に悪さをするものでなくても、ウォータープルーフなど落とすのが難しいタイプの化粧品を使用した場合には、洗浄力の強いクレンジングを使用しなければならず、その結果としてお肌のうるおいが奪われてしまうのです。

 

だからといって、洗浄力が弱いクレンジングを使用して、きちんとメイクが落ちなかった場合には、色素沈着を起こしたり、毛穴に詰まってニキビの原因になったりします。

 

結局のところ、メイクをすること自体がお肌に悪いのではなく、メイクをした後のクレンジングがきちんとできていないと、お肌にダメージを与えてしまうということになるのです。

 

だとしたら、いっそのことメイクしない方がいいのかな?…とも思いますよね。

 

実はノーメイクにも危険が潜んでいる!!

これまでの内容からすると、そもそもメイクをしなければ、お肌にダメージを与えなくて済むのかな?と思ってしまいますが、実はそこにも危険が潜んでいるのです。
すっぴんで過ごす方が肌にダメージを与えずに済むイメージは強くありますが、特に外出時は注意が必要です。

 

●その理由●
太陽の下では肌の大敵、紫外線に気を付けなければいけません。
紫外線は肌に強くダメージを与えてしまいます。
すっぴんで外出し、直接肌に紫外線を浴びる行為は、肌を老化させてしまう原因になります。
それだけではなく、花粉などのアレルゲンが直接肌につき、刺激を与えてしまいます。
結果的にかゆみを伴い、皮膚炎を起こしかねません。
メイクをすると、それらが直接肌につかないように防ぐことができるのです。

 

肌ストレスフリーのメイク法
  • 負担をかけないベースメイク法
  • 「パウダリーファンデーション」よりも「リキッドファンデーション」や「クリームファンデーション」を選ぶ。

     

    パウダリータイプはパフで顔をこすりながら塗布するため、その分皮膚に刺激を与えてしまいます。
    リキッドやクリームタイプを使い、手や柔らかいブラシで塗るようにかえるだけで負担は軽減されます。
    間違っても皮膚をこすることは禁物です。

     

  • ノンケミカル処方(=紫外線吸収剤不使用)の日焼け止めを使用する
  • 多くの日焼け止めには「紫外線吸収剤」という成分が含まれています。
    吸収剤と書いてある通り、自ら紫外線を吸収することによって、肌を守ります。
    日焼け防止の効果が高いので、一般的な日焼け止めにはよく使用されていますが、肌への負担が大きいことが、近年懸念されています。

     

    ノンケミカルの日焼け止めにはこの「吸収剤」の成分が含まれていないので、刺激が少なく肌にも優しいです。
    最近では、赤ちゃんにも使える日焼け止めとして注目を浴びています。
    紫外線などのダメージから肌を守るためにも、毎日日焼け止めを使用することが大切です。
    メイクアップ用のコスメだけでなく、ぜひ日焼け止めにも注目してみてください。

     

  • すっぴんはNG、日焼け止め+パウダーでナチュラル美肌に
  • 最近はナチュラルメイク思考で素肌に近い肌が人気ですよね。
    そこで肌のためにも思い切って「ノーファンデーションDAY」を作ってみるのもいいかもしれません。

     

    まずはいつものスキンケアをしっかりと行いましょう!

     

    化粧水→乳液→ここで日焼け止めまたは化粧下地→ベビーパウダーのみ

     

    これだけでも十分キレイに仕上がり、さらに肌へのストレス軽減です!!
    ここで注意が必要なのが、日焼け止めまたは化粧下地(SPF配合)を必ず使うことです。
    パウダーはベビーパウダーでもOKです。
    赤ちゃんにも使えるベビーパウダーはクレンジングで落とす必要もありません。
    仕上げのパウダーはべたつきやテカリも抑え、毛穴などもカバーするすぐれものなので、ファンデーションがなくても心配なしです。

 

いつまでもキレイでいるためには、キレイな素肌が必須です。
どんなにポイントメイクを頑張っても、ベースがキレイでなければ映えません。

 

また、たまにナチュラルメイク=ほぼすっぴんの薄メイクだと思っている人がいますが、ナチュラルメイクはあくまでナチュラルに見えるように仕上げられたメイクです。
手抜きメイクではありません。実はなかなか難しいのです。
自分のお肌をよく知って、常に状態を確認しながら、必要なメイクだけを施す、これがポイントです。

 

足し算し続けてもキレイになれないのがメイクの難しいところ。
キレイになりたい一心で攻め一本のメイクに徹するのではなく、不要なものを省いて、肌を守りながらキレイに見せる、ストレスフリーなナチュラルベースメイクをマスターしましょう!

 

そして、キレイな素肌のためにはクレンジングをマスターすることも必要不可欠です。
攻めだけでなく、手堅い守りがあってこそ、うるおい美肌が手に入ります!
クレンジングの重要性はトップページで詳しく解説していますので、気になる人は参考にしてみてください。

 

トップページへ戻る